その情報を本当に求めている人であれば、検索を繰り返して必ずその情報にたどり着いてくれます。検索からの流入を増やすことは簡単です。その情報を必要とする誰かに向けて情報を発信するだけす。情報を求める人々は検索エンジンを繰り返し使って、その情報を探し当ててくれます。

 

SEOは簡単です。きちんと取り組めば必ず結果はついてきます。しかし時間と手間がかかります。様々な邪悪な誘惑もあります。お客様を想い、お客様に貢献したいと望む強い気持ちが必要です。誠意と熱意、そしてそれを継続する根気が必要です。

 

さて、そんな重要な新品タイヤのナラシだが、具体的にはどうするのか。一般的なタイヤなら、急の付く操作を避け、80km/h以下で、100kmほど走ればOK。

 

スタッドレスタイヤなら、60km/h以下で、200km以上走るのが目安とされている(冬用タイヤは、交換してすぐに、十分な性能を発揮するのではないのだ!)。前記の通り、新品タイヤは“成長”するので、交換から一週間ほどたったら、もう一度空気圧を再調整しておくことも重要。

 

ちなみに、タイヤの表面を一皮むく、いわゆる「タイヤの皮むき」だけなら、数kmも走れば十分で、ナラシ走行とはほとんど関係がない……。ご存じのとおり、F1だって「タイヤマネージメント」の巧拙が、ドライバーの評価に直結しているぐらいなのだ。一般ドライバーもちょっとした気遣いで、タイヤマネージメントの上手い、賢いドライバーの仲間入りを果たしていきたい。

 

本来タイヤも“衣替え”冬支度となるのだが、関東南部に住んでいる私のクルマは基本ラジアルタイヤ。しかしスタッドレスタイヤの早期装着を促しているメーカーが多い事もあり、全国各地へクルマで取材に行くことも多いので早期装着を敢行してみた。このレポートでは降雪や凍結はしていない、乾走路を500kmほどスタッドレスタイヤで走ってみた感想を思いのままに書いてみた。