フォードもジープもトヨタもダイハツもホンダも

ジェームズ・ロンゴニの輝くように復元されたドッジ・1/2トンのピックアップがここにはっきりと示されているように、1960年までに現代のピックアップトラックの輪郭が描かれました。スタイリッシュで生き生きとした快適さのレベルがますます期待されています。アメリカの頑丈な仕事場は洗練されたサラブレッドに変わっていた。

ドッジの場合、その目標は、1959年1月に実現されました。スウェップラインベッドは、2輪駆動の軽自動車のすべてのピックアップに提供されました。同時に、スエプトサイドは、ダッジステーションのワゴンの四分の一パネルから尾部を挟み込み、中止されました。

よりスムーズなスタイリングに向かうにつれて、ピックアップにはさらに多くの車のような快適さが与えられていました。私たちの特集したトラックには、運転手側の肘掛け、可変速電気ワイパー; ダッシュの遮音、ドアパネル、ヘッドライナーなど。発泡スチロール製のシートのためのビニールの外装および補強材; デュアルサンバイザー。

その他の特典としては、屋根付きラジオ、パワーステアリングとブレーキ、クロムリアバンパー、フルホイールカバー、パノラマのリアウィンドウなどがあります。別の時代のタッチは、余分なコストの2トーンのペイントです。

ワシントン州ウッディンビルは、2009年にトラックの修復が完了したと発表した。オプションの「Power Giant」V8の強力なエンジンを搭載し、オプションのプッシュボタン「LoadFlite」のオートマチックトランスミッションに接続した。フロントとリアの板バネで吊り下げられた116インチのホイールベースのシャーシで、トラックは8フィートの長さのカーゴベッドを備えています。

ロングベッドトラックの滑らかな側面の貨物箱は、1957年に倒れたFordのデザインへのDodgeの反応でした。スタイリッシュな全長従来の狭トラックカーゴベッドの側面にフェンダーをつけたStylesideは、ベッドをトラックの実質的に全幅に伸ばし、滑らかに統合された外見でそれを打ち上げました。これにより、高いスタイルと追加のペイロードスペースが実現しました。フォードはフェンダーボックスのピックアップと同じようにStylesideにも同じことを最初に課したことを考えると、それはお買い得だった。フォードの軽自動車の競争相手は、自分たちが魅力的だって思えるスタイリングの良いくるまを作るためにスクランブルをかけた。

だから車が好きなんですよね。こんなに面白いものが世の中に普及してくれて本当に良かった。これからもたくさんの人が喜んでくれる車づくりをしていきたいと思っています。

 

今いつでも愛車の買取価格を調べることだってできるんです。フォードだろうがジープだろうがトヨタでもダイハツでもホンダでもです。

スマホがあれば自宅にいながら好きなタイミングで愛車の買取価格を調べることができてしまうんです。そんな時代になりました。

いつでも無料で査定をすることができますので大変便利なサービスだと思います。▼ガリバーとアップルならどちらが高く愛車を買い取ってくれるのでしょうか?興味がありましたらこちらからご確認できます。

車買取【ガリバーとアップルどっちが高く買取りしてくれるの?】

コメントは受け付けていません。